人が変われるのは、
叱ってくれる人がいて、矯正しなければ自分に不利益がある
学生や新社会人のうちまで。

いや、もっと正確に言うと小学生くらいまでかもしれませんね。

人は変わらない

私の自論では
人は、変わらないと思っています。

少なくとも、誰かの意志で変えることはできない。

遅刻癖のある人、嫌がる言動をしてくる人
礼儀のない人や自己中な人、
何度言っても彼女を大切にしないで飲み歩く男(笑)

例えばこんな人たちを想像してみると
誰かが何かを言ったところで、そう簡単に変わる気はしませんよね。

実際、人が何か言ったところで説得されて変わった人を一度も見たことがありません。
もし変わったとしても、上っ面の態度を1日限り変えただけで
翌日には元に戻っていたり。

変わるきっかけは、自分のみ

人が変わる唯一のきっかけって
その人自身が「このままじゃやばい」と自覚して、変わろうと強く思い、行動した時だけだと思うのです。

他人が100回言うよりも
(変わらない)自分が実害を被ってみると、あっさり変わったりするものですけれどね。

例えば彼女に振られたとか
遅刻し続けて会社から追放されたり、降格処分されたとかですね。

もっと言うと、彼女に振られても、降格しても
変わらない人はまったく変わりません。

変わらない人への唯一の対処法

あなたと関わる人に、許せない行動があったとして
オブラートに包んで伝えたとしても伝わらなかったとき。
あなたはどうしますか?

わたしであれば迷わず見捨てます

その関係が嫌であればその意思表示を

自分がその人によって不利益や嫌な思いをしているのであれば

見捨てる、無視する

この一択です。

つまり、
「あなたと関わる以上こういう思いをし続けなければいけないのは学習しました。
わたしはあなたとはこれ以上(嫌な思いをしながら)今のあなたと関わる意思はありません。」
という、意思表示ですね。

本人は変わることを望んでいないかも

かわいそうだからなんとかしてあげたい、とか
他に良いところがあるから…と思って親切心で関わったりしたこともありましたが
そもそも本人は変わりたいとは思っていないことの方が多いので
結果、いやな思いをし続けることになるし
関われば関わるほど、その「嫌な思い」は減ることなく増える一方です。

変わらないでいることのメリット

むしろ、変わらないでいるということは、
こういうお人好しな人が寄ってきてくれるというメリットすらあるのです。

そして、そういう人が気になって構ってしまう人、離れられない人は
「こんなに困った人に世話を焼いている自分」という自己満足を得られていたりもする。

皮肉なようですが、それはそれで
お互いに得るもののあるWin-Winの関係なのです。

関わる相手は、自分で選ぶ

自分が関わる人間は、自分で選べます

ですからもし、その人と関わり続けて嫌な思いをしたとしたら
それは、自分の選択であり責任です。

あなたが去ったとしたらその人は

その迷惑な人がプライドの高い大人だとすると
きっと今後一生、それを指摘してくれる人は現れません。

つまり、誰にも指摘されることなく
「なぜか」友人知人が去っていく。

もしくは、世話焼きな人が次々現れてそれなりに幸せなのかもしれませんね。

世話焼きな人に囲まれようと、周りの人に見捨てられようと
いずれにしてもそれは、 その人が作った未来であり
あなたがコントロールしようとするのはちょっと違うのかなと。

関わるか見捨てるかの判断基準

根気強く関わるか見捨てるかの判断基準は一点のみ。

あなたがその人と関わっていて幸せかどうかです。

直す必要はないかもしれない

案外、ダメな人でも、一緒に居ると楽しかったり
自分を頼ってくれるのがうれしかったり、そんなことってありますし
そもそも完璧な人なんていません。

その人に変わって欲しいと望んでいるのは
あなたのエゴ

相手がそれで幸せを感じている、不自由を感じていないにもかかわらず
欠点をそれでも正したい!というのであれば
それは、あなたの都合であり、エゴです。

直す必要がない、直したくないというものを
相手の意思に反して矯正しようものなら、余計なお世話であり、
あなたの常識やあなたの理想の型に他人をはめようとするのは
迷惑行為です。

変わるか変わらないかは、本人が決めること

ベストセラーになったアドラー心理学、「嫌われる勇気」の文中に
課題の分離」という表現があり
わたしはこの概念がとても気に入っています。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

新品価格
¥1,571から
(2019/10/21 17:22時点)

変わるか変わらないかを決めるのは、本人の責任であり
変わらないと決めた相手と付き合うか付き合わないかは、あなたの責任

自分が嫌な思いをしているのであれば、自分の都合で相手が変わることを期待せず
他の人と関わる人生を選ぶほうがお互いにとって良いと、わたしは思います♪

共感したら「いいね」してね

いいね! (まだ評価がありません)
記事のURLをコピーする
  • 記事一覧に戻る


    先頭へ戻る