公開日: 2020/04/02  最終更新日: 2020/04/03

新型コロナウイルスが収束するどころか拡大を続けて
自宅からなかなか思うように出られず、
外食やお出かけ、人と会うのもままならず
ストレスが溜まっている方もいるのではないでしょうか。

わたしは在宅勤務をしているうえ、副業の勤務も激減して
元々3~4日に1回しか外出する用事がないのですが
それでもやっぱり怖くてなるべく外に出ないよう
腹持ちの良い食材を節約気味に食べて凌いだりしています。

どうして収束しないのか

わたしの住む地域は感染は落ち着いてきてはいるものの
数日ぶりに外に出てびっくり。

普段となんら変わらず、
人がたくさん歩いているではないか…

もちろん、在宅勤務の自分のことを棚に上げて
休めなかったり在宅に切り替えることのできないお仕事を非難するつもりは全くありませんし
すぐに在宅に切り替えられるお仕事の方が少ないのではないかと思います。
(仕事内容はさておき、政治的な意味も含めて)

だから、一概に外出している人を責めるのは間違っていますし
むしろ、こういう時期にこそ頑張ってくれている配送業者さんとか、病院やドラッグストアのスタッフさんとかには頭が上がりません。

が、明らかに不要不急じゃなさそうに見える人たちも散見して
特に今は、引っ越しや卒業・就職など、歓送迎会などのさかんなシーズン。
今は良くても、1週間後、2週間後大丈夫かな…と心配になったのです。

「自分は大丈夫」という他人事感

どうしてこうなるかというと、
医療が発達していて、しかもいつでも誰でも安価で受けられる
戦争もなく治安も安定している平和な日本では
良くも悪くも「死」が他人事のようにしか感じられないんじゃないかな、と感じます。

どちらかというと、100歳まで生きるのがさも当たり前かのように、
あるいはまるで義務のように語られますよね。

時間が有限だからこそ、今を楽しめる

こういう時に危機意識を持って情報発信したり、
早い段階から避難や対策をしている著名人は多いですが
命が有限であること、それがいざとなればあっけなく散ってしまうこと
そんな意識が頭の片隅にあるからこそ、そうしたことができるのかなと。

事態が起きてからはじめて騒ぎ出す、というのはどうなのかな…と思いますが
馴染みのある有名人の方がお亡くなりになってようやく
より一層自分事として捉えられるようになってきた方も少なくないのではないでしょうか。

ウイルスって、昆虫のように勝手に飛んでいくものではなくて
人が増殖させて広めているわけで、
決して故意的でなくても、他人にウイルスを移している「加害者」は確かにいるわけですからね。

悲観するのではなくて、リスク管理しつつ
場所を変えて楽しむ

そういう「日常」を目の当たりにしたわたしはというと、

外に出たついでに、近所のコンビニに寄って
安いスパークリングワインを買ってきました♪

なんだ、五十歩百歩じゃないか!と突っ込まれるかもしれませんが(笑)
せっかく長時間自宅にいるのであれば、その空間を盛り上げたいなと思って。
自分一人が勝手に楽しんで盛り上がるだけですから、どこかに迷惑がかかるわけでもないですしね。

自宅にいるならいるで、せっかく長時間自宅にいるんだから
今ここを少しでもハッピーな時間にする工夫って色々できると思うんです。

自宅をエンタメの舞台に

わたしはお酒が好きなのでお酒を買いましたが
DVDや動画を見るでも良いし、
普段よりちょっとだけ凝った料理を作るとか、家の大掃除をするとか
いつもより多く家にいる時間を使って、なにか自分を喜ばせることをできるんじゃないかなって。

それこそ、やってみたかった趣味をや勉強を始めるのであれば
軽く1分野の基礎くらい習得できてしまうかもしれませんね。
(わたしも今は新しい仕事で毎日1つずつくらい必死で新しいこと覚えています…!)

いずれにしても、
考えても答えの変わらないことに怯えながら暗い気持ちで過ごすよりは
将来の自分の身になることをしたり
そこまで根詰めなかったとしても、せめて楽しい気持ちになることをして過ごしていたいですよね。

共感したら「いいね」してね

いいね! (1 いいね)
記事のURLをコピーする

記事一覧に戻る


先頭へ戻る