ここ1年ちょっとの間、業績も気持ちもいまいち低迷していました。
何をしてもうまくいかないし、気分も上がらない。

【息抜きの隠れ家が奪われた】コロナ禍で感じた息苦しさの正体は、「ネットが主戦場になったこと」でした。

ちょうどコロナが流行りだしたあたり、2020年の年明けあたりから
WEB制作業は企業さんからいただく下請けが中心になっていて
夏には医療職にも復帰していました。

コロナが影響しているというわけでもなく、
むしろWEB業界はオンライン需要が増えて、業績が伸びている企業が多いですが
わたしはというとからきし不振で、廃業したほうがよいかと悩んで腐る毎日。

幸い、医療現場の職場環境はとてもよくて
優しい方と一緒にお仕事をさせていただいていて、医療職=ダメだった、という価値観も和らいだのですが…

いつの間にか、医療職のパート仕事に依存してしまっている自分がいて、
すっかり「雇われの指示待ち人間」になってしまっていたのでした。

雇われ労働から抜け出せなくなっていた

それはそれで
「毎月定収があることって幸せ」「自分で営業しなくても仕事があるなんてありがたい」「人と一緒に仕事するのもいいな」と思えればよかったのですが…
そうは思えず、やっぱり自営をしているからには、自分の足で世界観と軸を作りたい。
だけど、そうできないから焦り、落ち込む。

コツコツ実績を作っていたのはすっかり過去の記憶になってしまい、
すっかり、お客様からの仕事を受注する自信もなくなってしまって
尻込みして「仕事をもらう」スタイルが板についてしまっていたのです。

失敗の記憶と離職歴が
悪循環に拍車をかける

なんとかしたい、でも、がむしゃらに動いてもどうにもならない。
そんなことを繰り返して、いつしか「仕事は続かない」「だけど、仕事をもらわないと生活できない」「どうせ無理」「やっても結果なんて出ない」
という、マイナスの記憶が深く刻み込まれてしまい
新しい挑戦に尻込みしてしまって、うまくいかなくなるたび「仕事を探す」。

そして、慣れてきたところで扱いが段々雑になり、
こき遣われるようになり、消耗して逃げるようにやめて、自分を責めて
またお金が足りなくなったら焦って仕事を探す…という悪循環でした。

そんなことを繰り返すたびに、挫折の記憶と離職歴ばかりが増え
良いお仕事ができるチャンスも減っていきます。

夢を見ないことには
叶いようがない

もう、こんな不毛な転職活動したくない。
だけど、自分でゼロから生み出せる気力も今はない。

どうしてこんな風になってしまったんだろう。
そう思って何ヶ月も右往左往していたある時
ふと、あるブロガーさんの記事の写真を目にしました。

その写真は、そのブログを書いているブロガーさんが
別分野のインフルエンサーさんのセミナーに参加したという体験記で
つまり、インフルエンサーさんとインフルエンサーさんが一緒に映った写真。

その世界を体験すると実現が加速する

インフルエンサーや有名な方のブログを見ていると、
「へぇ、この人とこの人って、つながってたんだ~」
「この人もこの人のファンなんだ!」と驚くことがよくあります。

わたし自身も、著者さんやブロガーさんのセミナーを受けに行ったり、直接指導してもらったりと
ネットの向こう、雲の上だと思っていた人と関わらせていただいたことで
「こんな世界があるんだ」という感動と、その世界に自分がリアルに携われた喜びが
ぐっと成長を加速させたという経験を過去に何度もしました。

あるいは、
普段は真面目な人たちに否定されるようなことを、同じ境遇の人たちばかりの場所に身を置き、
全肯定してもらうことで、強烈に自身がついて成功したこともあります。

今自分が関わっていなかったとしても、
そんな世界が、どこかに確かにある。

それってなにもビジネスに限ったことじゃなくて、
進学したときや旅行したとき、欲しいものを買ったとき、ドラマに感情移入したとき、テレビで見た場所に来た時など
「理想の世界に来た」感覚を感じたことのある方は少なくないのではないでしょうか。

そんな感覚を、その写真を見て思い出して
思い出すことによって、今までしばらくその感覚を忘れていたということに気が付きました。

人は無意識的に
自分が信じる世界に向かう

こんな精神論を書くと、キラキラだとか揶揄されそうですが
よく引き寄せの法則なんかで言う「叶った時を想像して疑似体験に浸る」というのは一理あると思っています。

人は、自分の知っているものにしかなれないわけで
夢が叶った景色を知らないことには、叶いようがないですからね。

たとえ実際に行ったことがなくても、体験したことがなくても
理想とする世界が「ある」と信じられるだけで、未来の可能性はうんと広がるし
逆に、今いる世界がすべてだと思ってしまって
その先にある可能性を見ようとできなかったり、信じられなければ
今いる世界から派生のしようがないんですよね。

つまり、雇われ生活に没頭しているうちに、その景色を忘れてしまい
自ら可能性を閉ざしていたのです。

それどころか、うまくいかないから失敗した時の末路ばっかり考えて
本当にその通りに近づいてゆくという悪循環でした。

うまくいかないことばかり想像して、うまくいくわけないですよね。
これが続いていたらと思うと、恐ろしい…

後日談:その世界の存在を思い出したら
早速変化が起きた

この記事を書いたものの、なんかオチがないなぁと思って
まとまらないままダラダラ下書き保存をしていたのですが…

そんな矢先に、昨年から育てていた他のサイトで
初めて収益をいただくことができました…!

なんてタイミング。
たまたまかもしれませんが、たまたまだとしても嬉しいですよね。

まとめ:想像することでベクトルが定まる

たとえ自分の元にその世界がなくても
この世のどこかに、理想の世界や理想の人が存在する。

そんな世界を「ある」と想像できるだけで
理想へのベクトルが定まり、実現はぐんと近くなります。

文字にするとなんか怪しげですが、
何度もそれを体感してきたからこそ、私はそう思うし
それを忘れてうまくいかなくなっていたんだ、ということに
偶然1枚の写真によって気付かせてもらえた、という話でした。

おまけ:ブログ記事が100記事になりました!

ダラダラ更新していたこのブログですが、ようやく公開記事が100記事になりました!
(実は、内容に収拾がつかなくなってお蔵入りした下書き記事は65記事あります…)

これからもマイペースに更新しますので
温かく見守っていただけましたらうれしいです。

→すべての記事一覧

その仕事、命を削ってまでもらう対価はありますか?
心強い法律遵守の退職代行

上司と二度と会話不要、安心のコミコミ料金。

あなたをないがしろにする場所に、1秒たりとも時間を使わなくていい。いや、使ってはいけない。
わたしは大真面目にそう思います。

会社はあなたの幸せに責任を取ってはくれません。
リセットするなら1日でも早く。
自分の人生を取り戻しませんか。
東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】

共感したら「いいね」してね

いいね! (まだ評価がありません)
記事のURLをコピーする

先頭へ戻る