公開日: 2021/05/17  最終更新日: 2021/06/07

先日、コロナワクチンを受けるかどうかの考えを記事に書きましたが
今日、勤務先のクリニックのスタッフさんと一緒に
無事に接種してもらってきました。

どうするコロナワクチン接種。受ける?拒否する?何のため?優先接種が迫って、医療従事者として考えていること。

接種の流れはインフルと同じ

ワクチン接種の流れ自体は、
インフルエンザなどのワクチンとほとんど一緒です。

予診票書いて、先生の診察受けて、
肩にチクッと針を刺して、
急性の反応(アナフィラキシー)がないか確認するため少し院内で待機して、おわり。

クリニックのスタッフさんと雑談しながら過ごしていたおかげで、あっという間でした。
費用は国が負担してくださるので、支払いはありません。

痛みはどの程度だったか

刺したときの痛みは思ったほどありませんでしたし
一瞬で終わりました。

数時間経った今は、注射した腕に筋肉痛のような痛みがあります。

副反応がこわい

ちなみに、副反応としてわたしが一番怖いのが
ニュースでも報道されているように、
免疫が過剰に反応して、体の出血や止血の抑制が壊れて、脳出血などを起こしてしまうこと。

確率的にはごくわずかといえど
コロナ肺炎とは違って、突然見舞われて急死するなんて怖すぎるので
免疫系に少しか役立ってくれそうなビタミンを摂りまくったりして
少しでも確率を減らすべく、色々あがいています。笑

※免疫対策が気になる方は
↓別のブログに書いていますので、よろしければどうぞ。
あくまで個人的な意見ですので、絶対的なものではなく、参考程度に読まれてみてくださいね。

コロナワクチンこわい!副反応から身を守るため、自分でできる免疫力対策を集めてみました。

本当に怖すぎていやすぎて、
VVR(注射や採血で意識を失う)起こすんじゃないかと思うくらいビビりながら行きました。

追記:接種翌日がピーク
発熱・頭痛・筋肉痛がきた

当日はそんなに変化がなかったので
わたしは大丈夫なのかな…と思っていましたが、
翌日になって、頭痛に襲われたあと、熱が少し上がりました。

もともと頭痛持ちなので、頭痛は気のせいかな?とも思いましたが
頭痛が起きるのはいつもパソコン仕事をし終わった夜が多いのに
体を動かしている仕事中にきたので、ちょっと違和感はありました。

それから、注射した部位(三角筋)が筋肉痛のように痛くなり
腕が痛くて上げにくくなりました。

翌日には軽快した

幸い、熱は微熱で収まり、翌日(接種2日後)には無事に回復して
腕も痛みもなく動かせるようになりました。

ワクチンが収束につながることを祈って

まぁでも、一方で少し安心しました。
あとは何事もなく免疫がついてくれるといいなぁ。

ワクチンが効いているうちに、おかしな変異などなく収束してくれるといいですけれどね。
ここまで来たら、あっさり収束しました、という未来図は全然想像できませんが。

今日はただの報告でした

ということで、ただの報告でした。

悩みが一つ減ったので、
また心置きなくお金のことでも心配しますw

共感したら「いいね」してね

いいね! (まだ評価がありません)
記事のURLをコピーする

先頭へ戻る