公開日: 2021/06/14  最終更新日: 2021/06/14

わたしも多少は人としての良心や「良い人でいたい」という建前があるので、
困っている人がいたり、力になれそうなことがあれば、人に手を差し伸べます。

だけど、そういう手を差し伸べた時に
一方的に「すいませんでした」とだけひたすら言われる。

こういう人、時々いますよね。
そんな時、あなたならどう思うでしょうか?

謝ってばかりの人が
幸せを逃す理由

なんだ。余計なお世話だったかな。
そんななら、助けなければよかった。
最初から無視していればよかった。

わたしは少なくともそんな風に思ってしまい
そんな出来事が最近たまたま続きました。

謝っているのに人を怒らせている?

最近、ハラスメントを題材にしたブロガーさんが
読者に謝ってばかりなブログを見かけて
人を怒らせてしまう、身近な人をハラスメント化させてしまうのも
失礼ながら納得してしまったのでした。

以下にその理由をわたしなりに解説しますね。

相手に幸せになってほしかったのに
暗く謝られたら気分が悪い

人が相手を助けるのは
自分が良い人でありたいとか、お礼が欲しいという動機も多少あれど
相手に喜んでほしいからですよね。

少なくとも、自分が助けることによって、
その人が少しでもラクになれば、
少しでもハッピーになってくれればいいな。

そんなことを思って手を差し伸べたのに
暗くふてくされて「すいませんでした」なんて言われたら
まるでこちらが一方的に余計なことをしたような気がしてしまうわけです。

二度と助けてもらえない

そう思わせた人には当然、
二度と手を差し伸べることはしません。

「この人は助けを望んでいない」とか
「この人を助けてもろくな事がない」って思ってしまいますからね。

人はみな自分の事で精一杯で、人に構っていられる暇はそうそうありません。
ですから、暗い顔で許しを乞う人のお世話は「誰にでもギブしよう!」とか言っている人にでも任せて
自分の幸せにフォーカスした方がましです。

謝ってばかりの人に
抜け落ちていること

本当に余計なお世話だったり
いらないお節介を焼く人はいますから
そういう人にまで、感謝する必要はありません。

むしろ、そういう恩着せがましい人は
無視した方が賢明です。

が、謝ってばかりの人に
決定的に抜け落ちている視点があります。

それは、
自分のことを思って、自分のために動いてくれた
という事実を考えること。

自分のために動いてくれた人がいることに
気付けているか

もし行動が的外れだったとしても
自分のことを思って、限りある人生の断片を使って動いてくれた人がいる。

そう考えると、たとえ状況がよくなっていなかったとしても
自分に関心を注いでくれた人がいること自体に
感謝だとか嬉しいとか、少なからず湧いてこないでしょうか。

「嫌われたくない」しか考えられないのは
自分しか見えていないエゴ

いつまでも謝ってばかりの人や、人に感謝できない人って
こういう相手目線の思いやりを想像できず
無意識のうちに他人の良心を無視してないがしろにしているのです。

「すみません」と謝るのは、一見謙虚で礼儀正しいことですが、
あまりにも行き過ぎるとそれは
「どうにか(自分を)許してほしい」「(自分が)嫌われたくない」
という、自分しか見えていない人丸出しで。

人の良心 < 自分を許してほしい

それって結局、一見して丁寧なようで
他人の親切心は全無視で、「自分を許してほしい」しか見えていない、
自分さえ良ければいいというエゴの裏返しだったりするわけです。

そして、親切心を「無視された」と感じた相手は
もうあなたと関わるのをやめたり、
逆に、自分のことを見てくれ、もっと評価してくれと言わんばかりに
強く出られたりと、関係がこじれる原因になることも少なくありません。

恋人関係であれば、自分の思いやりを無視するような人よりも、
もっと自分を見てくれる人に浮気されてしまっても無理もありません。

まとめ:
「すみません」にもう一言、
「ありがとう」を

嫌われたくない、許してほしい。
それ以前に、あなたのためを思って動いてくれた人がいる。
そのことが見えていますか?

そんなに嫌われたくないなら、
嫌われていないからこそ、自分のために動いてくれた人がいる
ということに気づきましょう。

嫌われる本当の原因は
人の好意を無視するから

人はそう簡単に人のことを嫌いにはなりません。

過ちだって人間なら誰でもあるし、お互い様。
むしろ人間臭くて親しみすら感じることだってあります。

近くの人が困っていたら、助けなきゃ、助けたいと思う人も多いものです。

だけど、そんな人の良心を見ずに、ないがしろにする。
自分が許されることだけで頭がいっぱいになっている。
それが、あなたが嫌われる本当の理由です。

最近、こんなことを思う出来事が続いたので書いてみました。
自分のリソース無駄遣いしたうえ、不快な気持ちだけが残るって
なにも良いことありませんよねぇ…

あ、無言でス~っと立ち去っていく人は論外です。
翻って、わたしも余計なお節介はしないように気を付けなきゃですね~。

共感したら「いいね」してね

いいね! (まだ評価がありません)
記事のURLをコピーする

記事一覧に戻る


先頭へ戻る